専門分野.アルミ製品の加工実績

アルミ製品の加工実績(例1)

「薄い羽を曲げずに、互い違いに加工しました。」
(担当:中野 工場長)

【質問】加工製品の特長を教えてください
①ハネの箇所。薄く狭く整えながら、互い違いに加工しています。
②鏡面加工のように綺麗に仕上げています。
【質問】使用した工具は何ですか
エンドミルφ0.8
【質問】作業にあたって注意した点や苦労した箇所は、どんなところでしたか
[◎速度調整]
送り速度と回転速度のバランスです。切削を速く送ると振れてしまい加工面が汚くなる。熱を持たせると「加工物が曲がる」などの不良になるので、切り込み量に注意しながら、切り込み過ぎないように加工しました。

アルミ製品の加工実績(例2)

「治具に工夫を施しながら、加工しました。」
(担当:小原)

【質問】加工製品の特長を教えてください
①細部の加工品
②ピン形成
③複雑な形状
【質問】使用した工具は何ですか
ボールエンドミル(R2、R1、R0.5、R0.3)です。
【質問】作業にあたって注意した点や苦労した箇所は、どんなところでしたか
[チャッキング]
素の状態ではクランプの固定ができないので、冶具に工夫を施しました。
[短時間]
精密さと同時に時間を短縮しながら加工するプログラムの設定。単に大きな工具使用で加工効率を優先すると細部の数値が出せないし、小さな工具で慎重加工しすぎると時間が掛かりすぎて生産業務に支障が出ますので。

アルミ製品の加工品検査(例3)

「それぞれの箇所に、最適な測定機器を選択してチェックしました。」
(担当:金子)

【質問】品質検査で注意点を上げるとすればどんなところですか
今回のアルミパーツ3点には、仕上げに表面処理(アルマイト)を施しました。精級寸法を指示されている箇所に対しては、この処理後の「寸法変化を加味した寸法に仕上がっているか」の見極めが重要です。手間も時間もかかりますが、それぞれの箇所にあった最適な測定機器を選択してチェックする必要があります。
【質問】品質検査に使用した工具・機械は何ですか
三次元測定機、画像測定器、マイクロメータ、ノギス、ネジゲージ、ピンゲージ、外観(目視、触指)
【質問】今回のアルミパーツ検査にあたって苦労した箇所は、どんなところでしたか
やはり表面処理を施した製品の検査なので、寸法変化の見極めや幾何公差などの測定に気を使った点と。「0.001mm単位」での精級穴寸法を計測するのに、当社で扱う通常の加工部品と比べて若干サイズが大きめだったので、測定器に設置するときの取り扱い(勝手)が少し変わりました。

専門分野.アルミ部品のご提案

よく使用するアルミ材料

「アルミ製品の特性を知り尽くした、ご提案もできます。」
(解説:高山)

【質問】普段使用する機会が多い材料は、どんなものがありますか
①番使用頻度が高い 「A5052」
中程度の強度を持つ、もっとも代表的な合金です。耐食性、加工性がよく、強度のわりに疲労強度が高く、耐海水性に優れています。
②超ジュラルミン 「A2024」
高度は鋼に匹敵しています。比較的多く銅を含み耐食性に劣るため、防食処理が必要です。
③代表的な押出用合金 「A6063」
押出性に優れていまして、複雑な断面形状の形材を得ることが出来ます。耐食性、表面処理性にも優れています。
【質問】どんな部品、製品用途に適しているのでしょうか
「5052」 一般板金、ハニカムコア
「2024」 ギア、油圧部品、航空機
「6063」 サッシ、ガードレール