事業ポリシー.2.重要案件への協力

弊社は出来るか・出来ないかよりも、
「どうすれば出来るのか?」から考える加工屋です

顧客対応:技術スタッフ

今や欲しいモノは何でも手に入る時代になりました。消費者の欲求は一段と多種・多様化し、それに応えるためのメーカーも独自性を出していかなければならないはず。

これにより材料を提供する商社や我々加工業者に対する要求も、従来のコスト面やスピード面だけでなく、「技術面」においても複雑な要求が多くなってきています。

一昔なら頑固で閉鎖的な職人気質の製作所でも良かったもしれませんが、今の時代それだけでは貴社のパートナーしては少し物足りないはず。

もう「出来る技術を提供する」だけの単なるビジネスだけでは、“ライバル会社に勝つモノづくり”は難しくなっていると実感しています。だから弊社では時代と共に変化していくことを意識するようにしました。

弊社の目標は時代の変化を受け入れる、“創造にチャレンジする加工屋”であり、“協力できる加工屋”です。

「出来る・出来ない」といった言い訳は二の次にして、『出来るにはどうすればいいか!』から考える、常に前向きなモノづくりを目指します。

お客様のわがままには応えられませんが、悩みや問題事には積極的に力をお貸しいたします。